BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

建築費2000万で注文住宅を依頼するとどんな家?

2020/08/23
マイホームと言えば、一生のうちで最も高い買い物ということで、ここは慎重に良心的な建築屋さんに相談したいものです。

▼注文住宅を建てたい

注文住宅とは言え家を建築するとなると、土地購入から建築まで2段階の手続きが必要になりますが、今回は住宅建築費を中心に
考えますと、注文住宅は必要な予算をある程度自由に設定できる点が利点と言われています。

注文住宅なのですから、お父さん、お母さんそしてお子さんのご家族の希望通りの間取りに
その設備、インテリアなど選択が可能になる分嬉しくなってしまうものです。

家族の皆さんは、どんな家を建てたいの?広さは?建築費用は?ということになります。

ところで、注文住宅を建築する際にどのくらいの広さに、予算は一体いくらくらいかけているのだろうか?
皆さん知りたがっていますので、ここは調査してみました。

住宅面積の平均が129.3m、建築費が3308万円これが全国平均値になっています。

今回は建築費用が2000万円であることを考えますと、多少なりともローコスト住宅になってしまいますが、
せっかく注文住宅を建築するのですから、ここはありきたりの家ではなく自分たちのライフスタイルを形にした家に暮
らしたいたいご家族みんなの希望を叶えて頂ける小嶋工務店に相談してみました。

▼2000万円の注文住宅の特徴は

1000万円での予算ですと、ご家族みんなの希望はかなり妥協せざるを得ない点が2000万円まで
の予算になりますと、家のグレードを少し上げるようになります。
多少なりとも床延べ面積を110~120mと平均値を多少下げることで、

・外壁をタイルにできる
・お母さんが喜ぶキッチンを最新式に
・お父さんが喜ぶバスルームを最新式に
・窓やバルコニーに広くできる

などなど全ての希望を叶えるには無理があるものの、優先順位の高い希望から工務店にご相談してみてはいかがでしょう。

▼まとめ

一生のうちで最も高いお買い物になるご自宅は建売住宅ではない、間取りや設備などいろ
いろ面でご家族みんなの希望を入れられることが可能になる注文住宅がおすすめです。
小嶋工務店では注文住宅を承っております。下関で注文住宅をお考えの方は是非一度ご相談ください。