BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

注文住宅と建売の違いについて

2020/09/13
新しい家族が増えるのを機に家の購入をお考えの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。。
今回は、そんな失敗したくない、建売と注文住宅の違いや
メリットを紹介したいと思います。

▼建売と注文住宅の違いは?
建売と注文住宅の違いは、土地と建物が一緒に販売されていて、
設計が決まっているのが建売です。
注文住宅では、土地選びから自分で行い、間取りからデザイン
内装・外装などあらゆることを自分で選び決めるのが注文住宅
です。

簡単に言うと、コストを抑えたいとお考えなら、建売、
自由に選んで作りたいとお考えなら注文住宅だと思います。

▼建売はこんな人におすすめ
建売はすぐに入居したい方や間取りやデザインが決まっている
住宅から選びたいとお考えの方におすすめです。
ハウスメーカーによっては、建売を購入すると中の設備や
家具もそのままついてくるケースもあります。

●建売のメリット
・コストを抑えられる
・早く引越しができる
・打合せの時間を省くことができる
・完成した家を見ることができ、好きな家を選ぶことができる

▼注文住宅はこんな人におすすめ
時間をかけてこだわりの家づくりをしたいと考えの方や、外装や
内装の素材にこだわりたい方、取り入れたい設備がある方など
希望の家を叶えたい人におすすめです。

●注文住宅のメリット
・自分で1から好きな家を作ることができる
・とことんこだわれる
・内装、外装、設備も好きな物を取り入れられる

注文住宅でも建売でもメリットは多くあります。
マイホームは大きな買い物ですから、どこを重点にみるかで
違ってくると思います。

注文住宅とリフォームのデザイン行う当社では、新しいデザインも取り入れており、
近代的なデザインに仕上げます。
注文住宅とリフォームに新しいデザインを取り入れた施工を行っておりますので、
ご興味のある方はご相談ください。