BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

30坪の注文住宅の相場は?

2020/09/21
注文住宅で家を建てる場合、どのぐらいの広さにするのがよいのかと頭を悩ませる人も多いでしょう。
家族構成や理想の間取り、そして予算によって異なるものなので、一概にこれがベストと言えるものはありません。
ですが、コンパクト過ぎず、無理のない注文住宅を考えた場合に「30坪」は一つの目安となります。
ここでは「30坪」にポイントをおいて説明していきます。

▼30坪とはどのぐらいの広さなのですか?

まず、1坪は畳で2畳分となり、約3.3㎡の広さです。
30坪に換算すると「畳60畳分、約99.3㎡」となり、間取りとしては3~4LDKが一般的です。


▼注文住宅の場合、相場はどのぐらいですか?

30坪の注文住宅の価格相場の全国平均は約2,649万円です。

 ※土地代は地域差が大きいため含めず。
 ※住宅金融支援機構による「フラット35利用者調査」2018年度データを基に算出

  注文住宅本体の全国平均価格:3,390.4万円
  平均床面積:126.8㎡(約38.4坪)
  坪単価:3,390.4万円÷38.4坪=約88.3万円


▼30坪の家を建てるためにはどのぐらいの広さの土地が必要ですか?

必要とする広さは、下記のようにご希望の条件に応じて異なりますので、業者にご相談ください。

 ・2階建て or 平屋
 ・駐車場の有無
 ・庭の有無
 ・土地の建ぺい率
  
   ※建ぺい率とは?
     土地に対して建てることのできる1階の面積のこと。
     住宅の環境を守るために建築基準法によって定められており、地域によって異なります。
  
     例)建ぺい率60%の地域に、1階の面積が15坪の家を建てたい場合
       →25坪(約82.5㎡)の土地を必要とします。
       
       
      
小嶋工務店は地域に密着した住宅会社ですので、地域の特性も理解した提案もできます。
下関で注文住宅をお考えの際は、是非当社へご相談ください。