BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

注文住宅の収納スペースはどこに作るべき?生活に便利な収納場所とは

2020/12/22
注文住宅の間取りで見落としがちなのが収納スペースです。
生活スペースではないので軽く見がちですが、収納スペースを上手に作れるかどうかで家の快適さは大きく変わりますよね。

今回は注文住宅の収納スペースの決め方のポイントをご紹介します。

▼快適な収納スペースを作るためには

毎日を快適に暮らすためには、以下のような場所に収納スペースがあると便利です。

■まずは玄関!

玄関に大きめの収納スペースがあると、カサやコートなど外出に必要なものもしまうことができて便利です。
コートやゴルフバッグなどは、自室に置くより玄関にしまっておいたほうが圧倒的に快適に過ごせますよ。

■リビングやダイニングにも収納スペースがあると便利

キッチンや洗面所などの収納には頭が回りやすいですが、意外と見落としがちなのがリビング・ダイニングです。
ダイニング近くにはグラスや食器、リビングにはDVDやゲーム機などのテレビ関連のグッズが入る場所を用意しておくと、家族でくつろぐ時に快適に過ごすことができます。
インテリアの邪魔をしないような、部屋と調和した収納スペースを作るようにすると良いでしょう。

■個室の収納は家族の好みに合わせて

寝室や個室の収納は洋服など個々の持ち物をしまうのに使いますから、ぜひ大きめの収納スペースを用意してください。

最近はウォークインクローゼットが人気ですが、どのような収納スペースを作るかは家族の好みに合わせて決めるようにすると良いでしょう。
間取りによっては、ロフトの収納スペースを作るのもオシャレで素敵です。
階段下のスペースを有効に活用するのもオススメですよ。

▼まとめ

モノをいかにしまうかというのは、生活において非常に重要な部分です。

ぜひ生活スタイルに合った収納スペースを取り入れて、快適な注文住宅を作ってくださいね。